未分類

「風俗女子 卒業を考えよう」

「卒業を、決めなさい。」

私が、この言葉をオーナーから投げかけられた時、心臓がバクバクと音を立てているのを感じた。

『デリヘルの面接に来ただけなのに…』

その後のデビュー日やプレイ内容などの説明を受けても、全く頭に入らなかった。この頃、すでに風俗業界15年のキャリアがあり妊娠・出産を経て再スタートをしようとしている頃だった。

『まだまだ、私、やれる。』

そんな自信過剰さがプンプン漂っていたのかもしれない。

風俗業界が長いと独特のオーラみたいなものが出ていて、一般女性のように振る舞うも逆効果が起き、周囲になめられないように必死に強がっている状態だ。

『まだ入店したばかりなのに、もう卒業を決めるのですか。』

私は、なめれらないように、目で訴えた。

オーナーは、そんな私を察して、優しく教えてくれた。

『人生は、逆算なんだよ。どうなりたいか。本当は、何をしたいのか。人生の最終地点をまず決めてから、そのために何をすれば良いのか。何が足りないのかを考えるといいよ。』と。

その言葉を聞いて、私は全てが腑に落ちた。そして、風俗業界で人生の最終地点までを教えてくれる事に、大きな感動を覚えた。

過去の自分が、今の自分をつくっている。これからの未来も、自分でつくり上げていく。

『自分の人生は、自分で決められる!』

決めていいんだよ、と承認をもらった気がした。

その日から、私は風俗業界の卒業について深く考えるようになる。いつまでも、出来る仕事ではない。誇りをもって仕事している以上、しっかり効率よく稼いで、しっかり学ぶ事が大切だと思った。

『学ぶって、楽しい。』

自らが成長しようとしている事を認め、自らの成長に喜びを感じる。そこに、頼るものはなく、全くの一人の世界。

自然と、引き寄せられるように良質な仲間に恵まれ、お客様の質も良くなった。

『お客様は、鏡ですよ。』

口数の少ないオーナーの言葉に、胸が熱くなった。

卒業の時期は適当に決めてはいけないが、途中で見直す事も大切だ。現に私は、数回の見直しの末、卒業をした。

それより、卒業を決めないで仕事を続けている方が、卒業からどんどん遠ざかってしまう。金銭的な事、家庭の事情、様々な不安がある。けれど目に見えない不安、まだ起こってもいない不安に押しつぶされてしまうのは、面白くも楽しくもない。

人生は一回勝負。人との縁を大切にし、1度きりの自分をたくさん愛したいと思う。愛される自分になりたいと思う。

本番強要のかわし方プレイで使える3選

  1. 「真っ向から立ち向かわない。」
  2. 「素股を極める。そして、女性もイク。」
  3. 「プレイ以外では、敬語。」
  4. 「メッセージ」

1.真っ向から立ち向かわない。

男性の心理は、あわよくば。常に、本番OKな状態にあります。

「だったら、ソープへ行けばいいじゃない。」

と、思ってしまいますが。

男性的エロティック心理を少しだけ知っておくと、本番強要してしまうのは、本能的だと言えます。

男性にとって風俗は「遊び」の中にあって、キャバクラへ行くのも、デリヘルやソープへ行くのも、全ては「遊び」。

日常から離れ、非現実的な場所に身を委ねたくなるのです。

本番強要してしまう男性の本質は、

できそうで、できない。

見えそうで、見えない。

このような状況に、そそられ、より官能的になるのです。

大人であっても男性的エロティック心理は、まさに少年のままです。

真っ向から怒ったり、イヤと言うのではなく、“たしなめる”事が大切です。

心を改めるよう、促します。具体的には、

男性と目を合わせない状況で、伝える。

(例)プレイ終わりに、背中のマッサージをしながら。抱きしめて、耳元で。プレイ終わりのシャワータイムで、背中を流しながら。等

本番強要をしてくる男性は、きっと他でも同じような行動をしています。

そのような男性でも受け入れ、ご指導する事でいつまでも通ってくれる良いお客様になるかもしれませんよ。

2.素股を極める。そして、女性もイク。

素股は、ローションと手を使い、本当に入れているかのように体を動かし、表現する事です。

手コキとは、全く違うもの。

入れているより気持ち良いと言ってもらえるのが、女性の醍醐味です。

男性の体の形状と、女性の向きによっては危険な素股もあるので、安全な方法を学び、素股を極めていきましょう。

そして、最も大切な事は

女性もイク。(演出)

男性は、女性が感じている姿を目で見て、耳で感じ、自らのテクニックで女性が感じている事に、興奮と大きな喜びがあります。

女性の演出によって、『お互いに感じ合ってる』という本当のカップルのような雰囲気になります。

男性は心の満足度が満たされ、本番強要率がグッと減ってきますよ。

3.プレイ以外では、敬語。

男性とは、お友達ではありません。長く通って頂く紳士的なお客様です。距離感を大切にしましょう。

男性に、なれなれしくすると

『この子なら、ヤレるな』と、思われます。

見た目も、服装も、言葉遣いも、一目置かれるような振る舞いをすると、

『この子には、変な事できないな』と、立場をわきまえて行動してくれます。

プレイでは乱れ、終わったら恥じらう。基本は敬語。

プレイとのギャップを意識し、プレイ以外では凛とした自立している女性になりきりましょう。

距離感とは、自分を全部出ししない事。

小出しにして心を惹きつけ、人としてファンになってもらう事が一番の理想のカタチです。

4.メッセージ

風俗業界、特にヘルス店では常に本番強要のかわし方に、悩まれるのではないでしょうか。私も、そのために様々な事を試みてみました。

男性的エロティック心理を学び、積み重ねた中で厳選した3つの方法です。

本番強要はしてはいけない行為ですが、あくまで「遊び」という観点から、男性心をまずは、受け入れる事にしました。

感情的にならず、落ち付いてお話する事で、その先ほとんどのお客様がファンになって頂けます。

時に厳しく、それ以外では満面の笑みで向き合ってみましょう。

困難を乗り越える事は、自信にも、本指名にもつながりますよ。うまく伝えられなくても、大丈夫。その方が、人間味を感じてもらえますからね。

風俗を卒業したい! まず決める3つのこと

  1. 「ゴールを決める」
  2. 「目的と目標」
  3. 「お店選び」
  4. 「メッセージ」

1.「ゴールを決める」

風俗では1日に何万円という金額を短時間で稼ぎます。

風俗=お金という考え方は、風俗で働いている女性の共通点と言えます。

これは、風俗業界に限ったことではないですが

目に見えているものしか見えていない。そう、お金しか見えていないのです。

今日は、5万円稼いだから、飲みに行こう! 洋服が欲しい! 遊びたい!

私も、そう思っていましたし、間違っていることにも気が付きませんでした。

日払いの世界で働いていると、その日暮らしになっていきます。日々の自己管理よりも大切なこと。それは、

自分でゴールを決め、人生を逆算すること。

何年後の「何月何日」にデリヘルを卒業するのか、まず決めることです。

そして、辞めた次の日から、何をするのか。

そして、人生の最後の日はどの国にいるのか、誰といるのかと、書き留めくことが大切です。

2.「目的と目標」

・目的とは、成し遂げたい内容(なにを頑張るのか?)です。

風俗に置き換えると、何のために風俗で働いているのか。

・目標とは、目的達成の手段(どこまで頑張るのか?)です。

風俗に置き換えると、いつまでにどのくらい達成したいか。

  • 目的を「たくさん稼ぐこと」にするならば、目標は(例)「1年後に、月収50万円」
  • 目的を「生活費にあてること」にするならば、目標は(例)「土、日を含めた出勤スケジュール」
  • 目的を「お客様に夢や希望を与えること」にするならば、目標は(例)「自己投資(ボディーケア、服装、下着など)」

3.「お店選び」

まず、求人広告を信じないこと。

過剰な広告が多すぎます。

余談ですが、私が人生を変えた在籍中のデリヘル店は、一切求人広告を出していません。

お店は縁。このお店で学びたいと、思うか。思わないか。

風俗店=お金という考えを捨てて、せっかくの人生の時間をそのお店に捧げるくらいの気持ちで、お店選びをするといいと思います。

  • 電話対応、または面接時において。丁寧で、誠実さを感じるか。
  • お店のコンセプトと、自分が出来る範囲が一致しているか。
  • プライバシーの配慮、身内への気遣いをしてくれるか。など

4.「メッセージ」

マイナスイメージの多い風俗業界は、卒業を決める事でセカンドキャリアにもつながり、とてもやりがいを感じる職業になります。

初めは高収入で良かったと思いますが、しばらくすると将来不安へと変わっていきます。

大切な体ですから、効率良く稼いで卒業後の事に、一緒に向き合ってみましょう。

すぐに答えは出ません。けれど、人生は全て思い通りにいく事を、忘れないでくださいね。お仕事は向き合い方で、とても楽にできるようになりますよ。皆さまの幸せを切に願っています。